2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

前月 翌月

指定月+前月分表示

2021年12月〜
2021年11月〜
2021年10月〜
2021年9月〜
2021年8月〜
2021年7月〜
2021年6月〜
2021年5月〜
2021年4月〜
2021年3月〜
2021年2月〜
2021年1月〜
2020年12月〜
2020年11月〜
2020年10月〜
2020年9月〜
2020年8月〜
2020年7月〜
2020年6月〜
2020年5月〜
2020年4月〜
2019年6月〜
2019年5月〜
2019年2月〜
2019年1月〜
2018年12月〜
2018年11月〜
2018年10月〜
2018年1月〜
2017年12月〜
2017年11月〜
2017年8月〜
2017年6月〜
2017年5月〜
2017年4月〜
2017年3月〜

  2021年11月〜2021年10月分を表示しています。(2/2)

ワンデイ研修 2021/10/15
 10月14日(木),第二中学校の青嶋先生が来校され,ワンデイ研修を行いました。ワンデイ研修とは,塩竈市が市をあげて取り組んでいる「小中一貫教育」の取組の1つです。異校種の教育活動を参観・体験することで,互いの教育について理解を深めるとともに,教員としての視野を広げ,小学校と中学校の連携をより一層図ることを目的としています。青嶋先生には,来年度,第二中学校に進学する6年生の授業と1年生の授業を中心に参観していただきました。(文責・片桐)




第1学期終業式 2021/10/13
10月8日(金),第1学期の終業式を放送で行いました。「杉の子憲章」「杉小しぐさ」の唱和後,校長より1学期102日間の頑張りを認め励ます話がありました。その後,2年生,4年生,6年生の代表児童が「1学期の振り返りと2学期の抱負」を発表しました。どの児童もはっきりとした口調で,しっかりと2学期のめあてを発表することができました。(文責・片桐)

稲刈り 2021/10/07
10月5日(火),わかば・たんぽぽ・あおば学級の皆さんが「稲刈り」を行いました。今年は,台風などの影響も受けず,稲はすくすくと生育し,豊作となりました。子供たちは,歓声と悲鳴(虫が苦手な子もいるので・・・)を上げながら,手作業で稲を刈り取りました。新米が楽しみです。(文責・片桐)




開校記念日 2021/10/04
 10月1日は、本校の「開校記念日」です。開校記念集会でお話しした内容を紹介します。

 皆さん,今日はだれのお誕生日か知っていますか。今日は,杉の入小学校のお誕生日なのです。今日で,43歳になります。
今は令和という時代ですが,その前の平成,そして,その前の昭和52年に開校といって,学校ができました。その時,どんな様子だったのかについて,詳しく調べてみることにしました。先生方が入ってくる玄関に,大昔の様子を表す人形がありますね。そこに,学校ができたころについて書いてある資料が置いてあるのです。
 その資料によると,最初の一年間は,今学校があるこの場所ではなく,二小から8つの教室を借りて,足りない部分はプレハブといって二小の校庭に簡単な建物を建てて,子供たちが勉強したそうです。そのときの子供たちはどの学年の2クラスで,全員で362人と人数の多い学校ではなかったそうです。今は,どの学年も3クラスで全校517人と塩竈市内で一番人数が多い学校ですから,ずいぶん子供が増えたことになりますね。
 開校した年は,校舎が二小だったために,運動会や学習発表会は二小と一緒におこなっていたそうです。修学旅行もです。そのときの6年生の子供たちは,49名で,新しい校舎,つまり今の校舎には入ることができずに卒業することとなりました。新しい校舎ができたのは,次の年,昭和53年の7月23日だったそうです。地域のみなさんがたくさん手伝ってくださったので,引っ越しが一日で終わったということです。それだけ,地域の方が,新しい学校が始まることに期待をしていたということだと思います。
 では,なぜ,10月1日が,開校記念日なのでしょうか。不思議に思いますよね。私もそう思ったので調べてみました。すると,10月1日に,今の校章が決まったのだそうです。校章はどこにありますか。すぐに見つけた人もいますね。みなさんが付けている名札の上の方にマークが付いていますね。これが,杉の入小学校の校章です。この小さなマークにも,地域の方の学校を大事にしたいという願いが込められていると思います。だからこそ,皆さんにはこのマークの付いた名札を忘れずに付けて,杉の入小学校の一員であることに自信を持ってほしいと思います。
 そして,昭和53年に新しく建ってから42年,この校舎と広い校庭は,多くの子供たちが毎日一生懸命頑張っているのを見守ってくれています。あちこちにひびがはいったり,床が傾いたりしているところもあります。しかし,優しく使ったり丁寧に掃除をしたりすれば,まだまだ長生きをします。前にもお話したように,夏休み中に,担任以外の先生方が汗だくになって,トイレの床を磨いてくれました。さっき,話した先生方の玄関の歴史の資料があるところもきれいに拭いてくれました。43年間,ここで勉強してきた先輩方や地域の方たちの思いのこもったこの校舎や校庭を大切にしていきましょうね。勉強や運動や,お友達に優しくすることを続けていきましょう。
 最後に、近所の方が、杉小を卒業した先輩に有名な方がいることを教えてくださいました。声優として「呪術廻戦」の「真人」役をされている方です。皆さんも、自分の夢を叶えるために、勉強やスポーツ、人とより良く関わることをがんばってくださいね。(文責:秋山)

←前へ

12

管理用
2ヶ月カレンダー 1.01