2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

前月 翌月

指定月+前月分表示

2017年6月〜
2017年5月〜
2017年4月〜
2017年3月〜
2017年2月〜
2017年1月〜
2016年12月〜
2016年11月〜
2016年10月〜
2016年9月〜
2016年8月〜
2016年7月〜
2016年6月〜
2016年5月〜
2016年4月〜
2016年3月〜
2016年2月〜
2016年1月〜
2015年12月〜
2015年11月〜
2015年10月〜
2015年9月〜
2015年8月〜
2015年7月〜
2015年6月〜
2015年5月〜
2015年4月〜
2015年3月〜
2015年2月〜
2015年1月〜
2014年12月〜
2014年11月〜
2014年10月〜
2014年9月〜
2014年8月〜
2014年7月〜

  2015年4月〜2015年3月分を表示しています。(1/3)

歯科校医講話 2015/04/24
 4月23日,歯科検診を実施したこの日,5年生を対象に歯科校医の佐々木芳昭先生より,歯についての講話をいただきました。
・歯は生き物や食べている物によって,形も本数も異なること
・舌は酸味や苦味,甘味などの様々な味を感じることができるだけでなく,髪の毛などの細いものでも口の中に入るとそれを感じ取ることができること
・むし歯になる原因は,「糖」「細菌」「歯の質」の3つが関係していること
など貴重なお話をいただきました。

 お話が終わると,子どもたちからたくさんの質問が出ました。
・むし歯になる原因を詳しく教えてください。
・細菌の種類は何種類ありますか?
・細菌はどうやって増えるのですか?
・細菌は大きくなりますか?
・歯磨きの時,必ず歯磨き粉を付けて磨かなければなりませんか?

 最後に佐々木先生から子どもたち向けて次のようなメッセージをいただきました。
「自分の体は自分で守ってください。」

 佐々木先生,どうもありがとうございました。

        

第39回 入学式 2015/04/10
 約30名の来賓のみなさんと約100名の保護者のみなさんにご出席いただき,杉の入小学校第39回入学式が行われました。

 式の中で綱川校長先生から2つのめあてについてお話がありした。

 1つ目は「元気に返事やあいさつをしましょう」,2つ目は「はやく寝て,はやく起きて,朝ご飯をたくさん食べて,元気いっぱいで学校に来ましょう」です。校長先生がこのように1年生に呼びかけると,元気な返事が返ってきました。

 PTA会長の日野さんからは,「おもしろいと思うことにはどんどんチャレンジしてください」というお話がありました。

 79名の元気な子供たちが入学し,全校児童457名で杉の入小学校の活動がスタートしました。

        

第1学期始業式 2015/04/09
 始業式では綱川校長先生から次のようなお話がありました。

 オリンピックマラソン競技の金メダリスト野口みずきさんが語ったすてきな言葉に「走った距離はうらぎらない」という言葉があります。自分の目標に向かって努力すれば夢はかなうということです。

 平成27年度がスタートしました。自分の目標が達成できるようがんばりましょう。

        

修了式 2015/03/30
 3月24日,平成26年度最後の儀式,修了式が行われました。

 式の中では校長先生から1年間のまとめのお話がありました。

 みなさんは1年間の目標を考えたと思いますが,今振り返ってみてどうですか。できたかできないかではなく,一生懸命がんばる前向きな気持ちをもってがんばった人は自分のことが好きになります。

 昔,中国にみんなから尊敬される偉い人がいました。人々はどうしたらそのようにすばらしい人になれるのか聞きました。その人が答えました。

 「私は,みなさんが思っているような特別難しいことは何もしていません。しかし,毎日3回次の3つのことを振り返っています。『人のためにあれこれ考えたり,人のために真心を込めてやっていたりしただろうか』『友達を心から信じ,仲よくすることができただろうか』『先生が教えてくれたことをしっかり聞いて,よく分かり,その教えられたことが実行できただろうか』です。」

 人は自分が考えた目標や自分のしたことを忘れてしまう天才です。その方が自分にとって楽だからです。都合がいいからです。人がまっすぐに歩いて行くためには道標が必要です。それがこの3つのことです。

 みなさんが取り組んでいる「杉小しぐさ」はまさにこのことであり,実行に移したのが「杉小こころの木」です。みなさんはこころの木500枚を達成し,言ったことができました。がんばればできることを証明できました。これは杉小のパワーです。ぜひ続けてください。

 「素直な心」と「晴れた心」を足すと「素晴らしい人」になります。「杉小しぐさ」を守り,「こころの木」を実践して今よりもっと素晴らしい杉小になることを願っています。

        

卒業式 2015/03/18
 3月18日,この佳き日に,第38回塩竈市立杉の入小学校卒業式が行われました。この丘で元気いっぱい遊んだひな鳥たち,この丘でたくさん学んだ若鳥たち66名全員が揃って,思い出いっぱいの学び舎を笑顔で巣立っていきました。

 地域の財産である卒業生に,たくさんの方々から,ありがたいはなむけの言葉もいただきました。
 「命に感謝すること」
 「高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない」(川口 淳一郎さん(宇宙航空研究開発機構「はやぶさ」プロジェクトマネージャー)の言葉)
 「人の心を感じ取れる人になってください」
 「感謝の気持ちをもち,一人一人助け合い,思いやりの気持ちをもって困難に立ち向かってください」

 さらに,卒業生の「旅立ちの言葉」の中で歌った「この星に生まれて」の後に,来賓の方々から拍手をいただきました。5年生の歌「大空がむかえる朝」も卒業生へ感謝の気持ちと祝福の気持ちのこもった歌声で卒業式に華を添えてくれました。

 感動的な卒業式でした。

        

        

        

次へ→

123

管理用
2ヶ月カレンダー 1.01